忍者ブログ

注目されてしま

多様さを的に

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

多様さを的に


斎藤美奈子氏の「妊娠小説」については読んでいないので、何も言えないが、細谷博氏が「所与と自由」-近現代文学の名作を読む-で著者が云う「所与」は近現代文学の作品であり、「自由」は読者の受止めのことである。その中で名作ともなれば読者の数は幾数百万、その作品に関する著書も何百何千とあり、学校で先生が授nuskin 香港業で解釈し、それを受け止める生徒の受止め方ともなれば限りない。所与という言葉はあまり日常は使われない。ところが私たちは生まれてから死ぬまで所与の連続のなかにある。この言葉を広義に捉えると全宇宙を相手にするような取り止めのないものになってしまうので、人間にとっての所与に限って考えても哲学論をするみたいになるが、ごく常識的範囲に限ってみれば、

私たちは命を与えられた時点から母を通じての所与の結果、人間としての基本的な体系を持って誕生し、その後も所与の連続のなかにある。その所与の結果に個々人が左右されそうであるが、全面的にはそうならないところに人間の無限の変異性の面白さがあると思う。人間は所与のものへの対応に変幻自在な持ち、所与のものへの自由を常に担保している…と云えば、人間の強かさが頭に浮かぶが、生きるという「所与と自由」の関係は複雑怪奇で、その関係は恐らく永遠に解き明かされないだろう平塚に着いたのが3時前だnuskin 香港ったが、普通,、ホテルのチェックインは3時だ。金曜の夜だから、混んでいることも予想されビジネスホテルにはあまり泊まったことがないので早めにチェックインしようとした。泊は可能だったが、チェックインは4時だという。1時間ちょっと待たねばならない。他に探すのも面倒なので宿泊を申し出、wi-fiは繋がるかと聞くと今は接続が良くないという…。

それでいてフロントがネットで申し込めば安くなりますという。今、wi-fiは接続が良くないと云っていたから矛盾すると思ったが、大した違いはないので、窓口で宿泊費を払った。後でふと、多くの人は予約などwi-fiじゃなく、スマホなんだと気がついた。年寄りにとって世の中が段々理解困難なことが多くなっていく。

東横インの前の通り沿いに有料の駐輪場があったが、フロントでホテルの駐輪場の有無を聞くと「ある」という。タワー駐車場の奥に何台かの自転車が置いてあった。バッテリーを充電しなければならないので通りの駐輪場に駐輪するのでは悪戯される心配があったのでホテルの専用駐輪場は有り難かった。

翌朝、目が覚めるのは早かったが、ビジネスホテルのシングルの部屋ですることもないので愚図愚図している間に7時半になったので朝食のため寶寶食物過敏一階に降りると、食堂は一杯であった。外国人が意外に多いのに驚かされた。朝食は何種類かのお握りと味噌汁ごく簡単なサラダがあった。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R